国民生活金融公庫を試すなら

 これまでご紹介してきて、銀行等の一般の金融機関より国民生活金融公庫で融資を受ける方が、会社にとって得ということはお分かり頂けたのではないでしょうか?もしそう思えていただけたのなら、このサイトを立ち上げたことを誇りに思います。では、国民生活金融公庫での融資をご検討されたのなら、善は急げです!早速、国民生活金融公庫の担当窓口にご相談に向かおうではないでしょうか。もし、金融機関からの融資が初めての場合、戸惑うこともあるでしょう。不安な気持ちを抱えることは、当然のことだと思います。そこで、このページでは国民生活金融公庫で融資を受ける際の基本的な流れをご紹介したいと思います。まずは一般的なシチュエーションということで、ご参考にしてください。

■国民生活金融公庫の基本的な流れ

 国民生活金融公庫で融資は、どのような手続きで進むのか?政府系の機関ということで、身構えてしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか?何事も初めてのことは、不安や戸惑いが生じてしまうものです。しかし、ご安心を!銀行等の一般の金融機関と比較しても、手続き方法に大きな違いがあるわけではありません。中小企業に対して多くの支援システムが存在する国民生活金融公庫ですから、審査がとても厳しいというわけではないのです。ただし、国民生活金融公庫で融資を受ける際は、審査が通ったとしても申し込んでから1ヶ月以上はかかってしまいます。そのため、時間に余裕をもって国民生活金融公庫に融資の申し込みを行うようにしましょう。簡単ですが、次に国民生活金融公庫で融資を受ける際の基本的な流れを記載してみました。

1.国民生活金融公庫の担当窓口で相談

  •  まずは最寄の国民生活金融公庫に訪れて、融資のご相談をしましょう。融資についてご相談する場合は、電話で状況を説明してから訪れる方が担当者もお話を進めやすいと思います。「電話で状況説明→最寄の国民生活金融公庫へ→担当窓口でご相談」といった流れが、スムーズに話を進めるために良いです。

2.融資の申し込みを行う

  •  国民生活金融公庫に訪れて担当窓口で融資のご相談を受けると、担当者から申し込み可能な融資についての説明があります。その説明に従って、申し込みを行いましょう。あなたにとって有利になる融資をアドバイスしてもらえると思いますので、参考にしましょう。融資を申し込んだ後は、事業計画書(創業計画書)といったさまざまな資料を提出する必要がありますので、忘れずにきちんと揃えておきましょう。
3.面談を行う
  •  国民生活金融公庫に融資の申し込みを行ったら、面談を行います。中小企業に積極的に融資を行っているとはいえ、あなたの経歴や現在の事業内容、それに今後どのような事業を展開していくのかということは詳しく確認しなければなりません。面談は、絶好のアピール場所です。融資を受けられるように、積極的にアピールを行うことです。
4.審査をパスする

 国民生活金融公庫で申し込み、書類提出、面談を行ったら後は審査をパスするのみです。提出した書類と面談の内容を踏まえて、国民生活金融公庫にて融資を行うかどうかの審査を行います。

5.国民生活金融公庫から融資を受ける

 審査の結果は、一週間から10日間程度で報告されます。その結果、国民生活金融公庫から融資可能と判断された場合は、指定金融口座に申し込んだ融資の金額が振り込まれます。

注目サイト
フォトウェディングを大阪で開催

2017/8/4 更新

Copyright (C) 2008 国民生活金融公庫で事業計画. All Rights Reserved.