国民生活金融公庫と一般の金融機関との違い

  •  国民生活金融公庫と、銀行等の一般の金融機関との違いとは何でしょうか?冒頭でお話したように、国民生活金融公庫は銀行等一般の金融期間と違って超低金利でしかも固定、それに中小企業を対象に創業時でも融資を行っております。その違いをもっと詳しく掘り下げてみようと思います。

■国民生活金融公庫は中小企業を対象に積極的に融資

 国民生活金融公庫は中小企業を対象に積極的に融資を行っています。それが銀行等の一般の金融機関との大きな違いでしょうか。政府系の金融機関とはいえ、一般の金融機関と比べて融資の方法は特別何も違いはありません。しかし大きな違いというのが、中小企業を対象に積極的に融資を行っているということなのです。これは、中小企業を経営している皆様にとってとても喜ばしいことではないでしょうか?
 銀行で借入を行う場合、審査をパスして返済できる見込みがあると判断されなければ融資を受けることができません。その点、国民生活金融公庫は中小企業の手助けとして融資を行っているので、銀行等と比べても比較的融資が受けやすいのです。それに金利も超低金利、しかも固定となるべく負担がかかるのを避けるようなシステムとなっております。それにとても嬉しいのが創業時でも融資を受けられることです。これから事業を行うにしても、何かと苦労するのが資金面です。信用保証協会の保証があれば、銀行等一般の金融機関でも融資を受けることは可能なのですが、それでも国民生活金融公庫と比べると融資を受ける可能性は低いといえます。そういった面も考慮すると、中小企業を経営される、またはする皆様にとっては国民生活金融公庫で融資を受ける方が断然有利なのです。また、ショッピング枠とは何かと気になった方はコチラをご覧下さい。詳しくご紹介をしています。

■国民生活金融公庫は超低金利でしかも固定

  •  国民生活金融公庫は超低金利で、しかも固定で融資を行っております。一般の金融機関と比べて金利を低く設定しているのです。政府系の金融機関ゆえ、実現できることなのでしょう。融資を受けた後は、長い返済期間が待っています。その間発生する金利は、事業を行う中小企業にとってかなりの負担になることは間違いありません。とはいえ、事業を展開するにはお金がなければ何も始めることができない!そう思うと渋々、銀行等の高い金利でも借入れを行い、返済しているのではないでしょうか?しかし、そのような負担が国民生活金融公庫で融資を行えば、確実に軽減させることができるのです。
     銀行等の一般の金融機関でも、国民生活金融公庫の金利より低く融資を行うこともあります。しかし、それは会社の信用があってからこそです。銀行に自社の信用度を認めさせるのは、創業時や中小企業を経営される方々にとっては簡単なことではありません。信用は、それだけ実績や何かしらの保証がなければ認めさせることは難しいでしょう。そのような現状を考慮した場合、必然的に国民生活金融公庫での融資をご検討されることだと思います。  中小企業を経営されている方で、この先を見据えて融資をご検討されているのなら国民生活金融公庫で借入れを行うことをお勧めします。具体的な金利については、国民生活金融公庫のウェブサイトで確認することができますので、融資をご検討されているのなら事前にチェックするようにしましょう。随時金利は変わりますので、こまめにチェックすることをお勧めします。それにしてもカードでお金 を借りることができるのは大変便利ですね。

recommend

池袋で結婚式の二次会について相談

2017/10/4 更新

Copyright (C) 2008 国民生活金融公庫で事業計画. All Rights Reserved.